【FX用語】米・ISM製造業景況指数とは?

今日はちょうど米・ISM製造業景況指数が発表されるので、

米・ISM製造業景況指数についてお話ししようと思います。

 

 

米・ISM製造業景況指数とは?

 

 

米・ISM製造業景況指数とは、

ISM(Institute for Supply Management:供給管理協会)が発表する

製造業における景気転換の先行指標のことを言います。

 

米国内の製造業の購買担当者が足元の景気をどう見ているか、

ということを示す指数です。

 

先行指標とは、景気の動きに先駆けて敏感に動く指標のことを言います。

 

 

 

じゃあ、その米・ISM製造業景況指数の見方は?

 

50が景気動向の良し悪しを測る分岐点となります。

 

指数が50くらいの場合、

「良くなっている」という回答と「悪くなっている」という回答が同数だったということになり、

景気としては、中立と判断されることになります。

 

要するに、考え方としては偏差値と一緒です。

 

50が平均となるので50の場合は回答が同数ということです。

 

平均と一緒です。

 

そうしますと、50を超え始めると「良くなった」という回答が

「悪くなっている」というよりも多くなった、

と判断されるようになります。

 

「良くなっている」という回答が増えれば、

自動的に景気は良くなってきている、好転している、

と判断されます。

 

50を下回った場合は逆に「悪くなっている」という回答が増えたことになりますので、

景気は悪くなった、悪化したと判断されます。

 

景気の善し悪し、景気の節目を判断する材料となるわけです。

 

景気転換の最重要先行指標として、とても関心が高いですよ。

 

 

米・ISM製造業景況指数は経済統計として最も早く発表されます。

 

そういった意味でも、とても注目されています。

 

前月分の結果が翌月の最初の営業日に発表されますね。

 

だから、9月の結果は今日10月1日に発表されたこととなります。

 

発表時間は、

夏時間の場合は日本時間で23時、

冬時間の場合は日本時間で24時となっています。

 

 

FXでイイ男アッ( *゚д゚)♂になってスペシャルなサービスを受けたい方はこちらをクリック!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

コメントを残す


九 × 4 =


サブコンテンツ

このページの先頭へ